スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰還と打とうとして既刊と一番に変換される書店系ブログ管理人のIME
というわけで帰って参りました。
3日間ほど実家でぬくぬくとしてましたよ。ていうか帰ってきてどっかなーとちょっとストーブ点けてみたらうっすら可愛らしく煙を吐き出しやがりまして、あーあーわたしが悪うございました。
そんなわけで実家より帰還して業者が来るのを待つまでの間は地獄のような寒さ。家の中で椅子に座ってコート着てマフラー巻いてガタガタ震えてる様は、何だかワカサギ釣りでもしてるような気分でした。
一応親から電気ストーブを借りたのですが、3日分の冷え切ったお部屋がそんな程度でカバーできるはずもありません。
やっと業者が来て何とか直ってストーブ点けて3時間ほど経つのですが、部屋は一向に暖かくなりませんよ。この寒さを無理矢理にでも皆様にお届けしたい今日この頃です。

ちなみに左腕はただ今素敵に絶賛DV祭り開催中。
治りかけのドドメ色に変色した青タンって、何て言うかだからあの男とは別れなさいって言ったのにという感じですね。
あれウチ結構新年曹操から踏んだり蹴ったり?
まぁそんなわけでただいまです。
ちなみに手袋したままキーボードを叩いているので、押し間違いがとても多い。
スポンサーサイト
屋根の雪下ろしはおろし大根
先日のワゴンに挟まれた手なのですが、シップ貼って1日寝てたら腫れも引いて参りました。まぁ色はものすっごいことになっておりますが、骨に異常はないようで今日も元気に働いてきましたよ。
ちなみにまた大雪の影響で入荷がありませんでした。2日分いっぺんに入る時が怖いっちゅーねん。

ところで大雪で屋根の雪下ろしだのの事故が多発しているようですが、屋根の雪下ろしは金がかかっても業者を呼んで下さいと切に思うわけであります。ウチのダディも今でこそぴんぴん歩いておるのですが、ひとつ間違えていたら鬼の籍に入っていたわけでして、本当に気をつけて頂きたいものです。

そして、今年は灯油を切らしてはおりませんのですが、つい先日からちょっとばかり調子の悪かったストーブがぶももももと恐ろしい音を立てだしまして、まずセーブ運転ができないという状態になっております。一旦止めて点ける段階にどうにかなっているようで、何度もストーブが警告音を立てて止まるという感じです。かるくやばい。
さすがに仕事で留守にするのに点けっ放しで出るわけにもいかず、そしてどうやら地道に悪化しているらしいストーブに怯えるまますごすわけにも参りません。
かといって業者さんに来てもらうにも、次の休みは月曜日ときたものです。実は灯油もかるくやばい。
というわけで、仕方ないので月曜まで実家から職場に通うことにいたしました。ということで3日間ほど出かけてきます。


3日間もアレなのでPS2を持っていこう。アビスがあとちょっとでクリアなんだ。そしてどうでもよくないけど主人公が可哀想すぎやしないか今回のテイルズ。
交通事故
交通事故りました。
店内で。

朝はまずワゴン(台車のでっかい版)に積まれた荷物を持って、店のある階まで上がるのですが、今日は折り悪くというか珍しくわたしが一番最初に到着し、他には誰もおりませんでした。
んで、一人で持って行くのは初めてだったにも関わらず、誰かが来るのを待つなどということに思い及びもしなかったわたしは、ダンボール(大)7箱、雑誌の梱包が30個積まれたワゴンを押して店へと向かったのでした。
しかし店があるデパートの中には何でこんな構造になってるんだか死ぬほど問い詰めたいような全然なだらかではないスロープがありまして、デパートのバックヤードから店に向かうにはそこを通るしかないのです。しかも一回スロープを降りたら踊り場があって更に曲がってもっかいスロープという構造。本当にこのデパートの設計をした奴は姉歯(ry

それでですよ、
新刊既刊がぎっしり詰まったダンボール×7個。
ニュータイプだのウィズモア並にアホほど重いアニメ3誌を含む雑誌の梱包30個。カラーページばっかりの雑誌は人を殺せるぐらいに重い。
それが載ったワゴンの総重量を想像してみて下さい。
まぁ普通の道でも中々動いてくれない重さです。
で、それがスロープを通る時、2人いないと絶対無理と後の祭りのように悟ったのですが、物理の問題で考えるまでもなく、坂で勢いのついた重たい物体をこの細腕ひとつで支えきれるはずがありませんでした。
それならそれで放置して逃げればよかったものを、デパートの壁に穴が開く、とか考えてしまった躊躇いが事故の元。
左腕を思いっ切りワゴンと壁の間に挟んでしまいました。
ワゴンのパイプの形に青黒く内出血していてちょっと愉快。いや笑えませんけどもははははは。

まぁどうしようかと思っているのですが、痛いっちゃあ痛いんですけど、見た目よりはそんなに痛くないというか、でも見た目がすんごい腫れ上がって手が変形しているので病院に行ったもんだかどうだか。
骨にはいってないと思うのですが(骨だけは無駄に丈夫です)、やっぱり病院に行くっぺかー。
というわけで注意一秒怪我一勝。
何だって利き手を挟んでしまったもんだか。力入れられなくて不便でしたが、でも頑張って働いた。
新年曹操(この第一変換は今年も死守します)
皆様あけましておめでとうございます。
もう5日じゃねーかと自分でも思わなくもありませんが、言うだけは言ってみました。
そんなわけで今年もこんな調子でよろしくです。

んで、新年曹操痴漢にあっていたわけです。
2日の初売りは予想以上に激混みだったのですが、ていうか大きな石を持ち上げたら裏にびっしりついていた蟲が一斉にわらわらと散っていったかの如くでした。まぁ新年曹操お客を蟲に例えるのもどうかと思うわけですが、語りたいところはそこじゃないので柳沢並みの華麗すぎて鼻血も出ないスルーパスでお願いします。
すごい勢いで人が走ってくるから何事かと思った。

そんなわけで、2時ぐらいまではひたすら売り場を補充して整えてぐるぐる回ってという状態でした。溶けてバターになるかと思いました。粉がないとホットケーキはできないと思うのですが、ちびくろサンボは別に貧乏な子供の話ではありませんでしたっけかていうかイメージ的に南国だと思うのですが南国に傘って必要ですかまぁいいや。
ほんでようやく客足も売り場も落ち着いていた頃にケツを3度ほど触られましたよ。
ちなみに本など何一つとして見ていないで、売り場をうろうろしているだけのオッサン青年でした。
わたしはただでさえケツッペタな上に、最近ヤバイ類の痩せ方をしているらしく、太ももから足回りから肉が削げ落ちてジーンズがズルズルという状態になっておるわけです。そんなケツッペタなケツを触って何が楽しいんだかという感じです。
まぁ触られたところでこんな感想しか浮かばない女のケツはともかく、お客のケツを触られてはたまりませんので(また少女コミック売り場を意味もなくウロウロとしているわけです)このクソ忙しいのにしばらくオッサン青年を見張らねばなりませんでした。

というわけで新年曹操こんなネタで仕事アンド日記始めです。
今年もよろしく。
忘年会
風邪がちっとも治らない上に更に悪化しそうなところを先日の本州の吹雪の影響で荷物が入らなかった分のヤツが来て2日分の雑誌新刊既刊を出して8時まで走り回ってたような状態でお酒を飲むのはとても無謀なことでした。
酒に潰れる前に体調で潰れました。

ところで本州と北海道の電車とか線路の仕様って、やはり違うのですかね。北海道の車と一緒で寒冷地仕様? 何で毎年毎年よく吹雪いては止まってはこちらに荷物が届かないということを繰り返すのだろうと、北海道人として単純に疑問に思ったわけですが。
いやまぁ何はともあれ安全運転頑張れJR。

というわけで今日明日は実家に帰省(同市内だけど)
せっかく買ったひぐらし新作ができないので、しばらくネタバレ怖くてネット近寄れないしまぁいいか。

皆様よいお年を。
2日からの初売りがとても怖いです(地獄のように混むらしい)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。