スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2000/9/7 不安なお客
基本的に、書店員はお客さんの買われるものなどは気にしません。まぁ今更何買われても驚かないというのもありますが。
子供連れの主婦(三十代前半)がビー○ーイと麗○と小説花○とその日入ったホモノベルを5冊買っていかれましょうが、もう心が小揺るぎもしやしません。しませんよ?
しかしそんなわたしどもでも、時には心の中に激しいストームの吹き荒れる瞬間があったりするわけです。

最近多いのが、ジャンプ系アンソロジーを間違えて買って行く小学生男子。

ぼく、それ違うから!

そこにはキミの考えているようなルフィなんかいやしないぞ。
その中にはろりろりな船長さんとえろえろなコックさんと、船長さんにめろめろな剣士さんと適当に描かれたウソップしかいないんだよぉぉ!
(と心の中だけで叫んでいた)
特に困った状況だったのが、孫がじーさまにコレをせがんでいたということです。
レジに持ってこられましても、そりゃぁ、コレをじーさまに何と説明すりゃあいいというのでしょうか。面倒臭いからそのまま売ってしまいましたよ。

少年よキミの未来に幸あれ。決してそちらの方向に走らぬよう祈っています。

あと、何があったの?というお客は、さすがに目を引かれずにはいられません。
昔、高校生男子と思しき私服の少年が1冊の本を買ってゆきました。
『人に好かれる100の方法』とかいうタイトルの本で、そんなこと自体は別に大したことではなかったのですが、問題はその少年のシャツにおびただしい血が付いているということなのでありました。しかも生乾き。
とりあえず何事もないようにその場をやり過ごしたのですが、その後レジ裏は「殺ったの?」「やられたの?」「どっち?」「苛められてんの?」と憶測が飛び交い未曾有の大混乱となったのでありました。
あの少年に何が起こったのか。そしてそれからあの本を買ったからといって、どうにかなったのでしょうか。今も気になって仕方がありません。

あといかにも幸薄そうな人が、風水の本とか買ってくのもとても気になります。


ここでネタに上がっていたので昔話をサルベージ。まだ年齢層高めのスラムダンクはともかく、ものがコナンとかワンピースときた日には少年たちに真実など告げられようか。ああでも、時々は『それはちょっとお子様向けじゃないんですよね~』とか適当なことを言って、やんわりと販売拒否をしたことはありましたが。
スポンサーサイト
サルベージ
vivi.gif


女子がジャンプを読むんだ。男の人がB’SLOGを読んだって構わないジャマイカ。
でもあの盛大な前振りは何だったんだろう。

※そしてびーずろぐの表紙が『学園ヘブン』というゲームだということに今更気が付きました。メガネの人をちゃんとメガネに描いている。律儀に表紙をそのまま描いていた自分にちょっとモエス。
2002/11/10 不動産セミナーじいさんその6どこまで進行
今日もまたじいさまから電話が参りました。(やはりこりてませんでした)
何でも、今日実施される試験が云々だそうです。意味はもちろんわかりません。
男子店員『今日試験があるんですか?』

じいさま『試験があったらどうだろう?

…どうだろうって…。
2002/11/06 不動産セミナーじいさんその5更に更にボケ進行
先日、また例のボケたじーさまがご来店されました。
行政書士の問題集と解答集等とを買ってゆかれましたのはよろしいのですが、それをすぐに隣のレジで返品しておりました。5分も立っていないうちのことでした。
その前にも電話が参りまして、書籍のお問い合わせに、出版社分かりますか?とこちらがお聞きしましたところ、『…分厚いやつ』と、ちっちも訊いたとこに答えちゃいない、訊いたところの解答であってもどの道意味通じねぇ、というお答えが返って参りました。
まだ足腰はしっかりしてる分、と以前書いたことがあるのですが訂正します。もう足腰すらそうとうヤバいです。だから我々が何故もこう克明にじいさまのボケの進行状況を見守らねばならぬと言うのでしょうか。
相当よろよろです。ホントにご家族何やってんだと思わずにはいられません。

そしてじいさまが帰って行かれました後、またお電話がありました。
…さっき返品した書籍をまた注文したいと。
無限ループですよ、どこかでとめようはないのか、奥さん電話の後ろで
怒鳴ってるぐらいだったら、電話のモジュラ引っこ抜くとか強硬手段でもとってくださいませんか。
今度は店長がきつく言ってくれたのですが、たぶんじいさまには通じないに5000ボケ。また何もなかったように電話してくるに3000ボケです。
何だかもう、我々はじいさまの末期の水までもとるような気がして参りました。
それにしても、何故にじいさまはあそこまで行政書士にこだわるのだ…。

2002/09/29 不動産セミナーじいさんその4ボケ更に進行
じいさまの電話をかけてくる回数が段々増えてます。
今日も3度程かかって参りました。またもや『不動産法律セミナー』でした。
しかも『注文したいんですが』と言いつつ、お名前も電話番号も言わずに切ってしまわれました。出た瞬間にじいさまだ、とはわかりましたけれども。
店は何時まで営業しているのかとも訊かれましたので、もしかしたら
あの後店にいらっしゃったかもしれません。というか、正直このクソ忙しい日曜に勘弁して欲しいと思ったものでした。

どうでしょう、ご家族。
こんなところで性の悪い書店員にネタにされてる場合じゃないと思うのですが、だから、電話の後ろで『また頼んでるよー』とか言っている場合じゃないと思うのですがどうですか。
何だかもう、『もうしょうがないじいさんだね、あははー』などと笑う段階すら過ぎてしまったと思うのですが。
どうでしょうか、ご家族!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。