スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【押し売り】ちょっといい話
ちょっといい話をします。

2年ほど前のことですが、朝っぱらわたしが通勤途中のことでした。
住宅街の道路なので激しい車通りはないと言っても、大通りと大通りを縦につなぐ道路ではあったので、そこそこの車通りはありました。
中道みたいなところなので、当然信号というものも存在しておりません。
そんな道路際で、小学校上がりたてか幼稚園の年長さんかというお年頃のボクが、補助輪付き自転車で遊んでいたわけです。ふらふらふらーと、まぁ危なっかしいこと危なっかしいこと。
そしてあろうことか、彼は覚えたてか?というよたよたとした自転車操縦法をもって、道路を渡ろうとしていたのでした。
友人一般には子供嫌いで通っているわたしでしたが、さすがに時折(信号がないだけにびゅんびゅん飛ばす)車が通っていく道路を、よたよたと渡ろうとしているお子様を放置するほどには、人間を捨てているわけではありません。
仕方ないなと自分の自転車を置いて、「あっち渡るの?」と意思を確認したところ、彼は道路向かい真正面の家を指差し、「あそこが家」とお答えになりました。ちなみに「あっち渡るの?」のわたしの声を、保育園とかの優しいお姉さん声で想像してはいけません。テンションのひっくい地声です。相手が子供だからといって態度など変えぬ媚びぬ省みぬ。
自分の家の前だけで遊んでおけよと思いつつも、とりあえず一緒に渡ってあげることに致しました。片手で子供の自転車を押さえつつ、左右を確認し車がいなくなったところで道路を渡ったのですが、そこでわたしはふと気づいたわけです。
その彼氏の家の中から、彼氏のばーさまと思しき人がまぁ微笑ましいわねぇうふふみたいな感じにのん気にこちらを見つめていることに。
…ばあちゃん、のん気にあんたの孫眺めてる場合じゃないよ。こんな車が通る道路際で遊んでたら危ないんだから、ちゃんと間近で見張っときなさいよ。
と、言いたかったのですが、とりあえずそれ以上は仕事に遅れるので、彼氏に「飛び出しすんなよ」とだけ言い含め、家の中のばーさまに頭を下げて仕事に向かったのでした。

どうですか、ちょっとした子供との心温まる交流ですよあはは。

…で、問題はですよ。
これをわたしの友人同僚が

誰一人として

信じやがらない


ということなのです。
ありえない、とかうわやめて、とか一様に口にするわけですよ。
やめてってのは一体どんな言い草だ。

どうせ信じられないので、(自分的に)ちょっといい話を押し売りしてみました。
はいはいネタですよ。ありえない話ですよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これなんてエロゲ?
この思い出、いくらでお買い上げになったのですか?
2005/09/14(水) 21:09:13 | URL | まなめ #M5U33QNc[ 編集]
証拠写真を撮って数年後その少年がいい具合に育っていたら恩着せがましく写真を突きつけてお付き合いを迫る、とかいうショタゲーです。
7980円です。
(念のためですがマジに受け取られたらわたしのパブリックイメージが台無しなので、イッツアメリカンジョークだとでも思ってください)
2005/09/14(水) 22:21:10 | URL | ゆんぺい #-[ 編集]
しおり
7980円です。

まで読んだ。
2005/09/15(木) 00:06:56 | URL | まなめ #-[ 編集]
はいはいワロスワロス
のAAを張ろうとしたら
既にめっちの書き込みがあって
萎えた件について

しんじてるよー(棒読みで
2005/09/15(木) 10:58:40 | URL | はなっこ #-[ 編集]
めっち
ちょwwおまwwそこで読むのやめるなよwwww
ぐらいに衝撃というか心外です。
むしろ訴えます。訴えますよ?

はなしゃん
あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛
棒読みされたぁぁぁぁ(*'A`*)
春風のようにさわやかなわたしのイメージがぁ!
2005/09/17(土) 02:16:15 | URL | ゆんぺい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。