スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オヤシロ様の祟りです
というわけで『ひぐらし解』が目明し編しか入っていないという、オヤシロ様の呪いにpgrもといorzしているゆんぺいです。
まぁちょっとパッケージが違うなぁとは思ったのですが、よもやメイトに最新版が置いていないなどということには思い及びませんでしたので、巧みなトラップに引っかかってしまいました。


※んで、すんごい勢いで目明し編も終わったので感想。
目明し編。
で解ったのは『綿流し編』での村長~以降の犯人、そして動機。
祭具殿に入ったからオヤシロ様の祟りが起こったのではなく、祭具殿に入った富竹と鷹野が死んだので、それにオヤシロ様の祟りを強引に結びつけて、祟りが起こるということにした。
つまり詩音(実際は魅音)が言い出さなければ起こらなかった事態。原因と結果がひっくり返ってしまったということで、つまり祭具殿に入ったから殺されたというのはナシ。

話的には双子の入れ替わりというそれ何て弟切草?みたいな感じでしたね。
何となく双子の入れ替わりまでは浮かんだけど、どこから入れ替わっていたかまでは幾らなんでも考え付かん。双子の姉妹で刺青云々だなんてそいつは刺青殺人事件です。
しかし詩音(魅音)の悟史といい死国といい、あそこまで狂気に走る程に大層な男かという疑問がいっつも浮かぶわけです。まぁ、詩音魅音の場合は悟史の問題だけじゃなくて、奪われた『魅音』の問題の方が大きかった感じなんでしょうね。

んで、園崎は『オヤシロ様の祟り』の尻馬に乗っかっただけで、実際には何も関わっていない、オヤシロ様の祟りという名のシステムが園崎とは別系統ということが判明。(婆詩音のいうことに嘘がなければ)
それでは富竹と鷹野と、『鬼隠し編』での圭一は一体何のために殺されたのか、そして『祟殺し編』の最後で圭一を殺したのは誰なのか、それは本当にオヤシロ様の祟りなのか。
オヤシロ様の祟りシステム別系統(仮)を古手ラインと考えても、梨香は錠を簡易なものに替え、忍び込んだ人間にも寛容であったところから、祭具殿に忍び込んで~は考えにくい。
そもそも鷹野(と仮定される人間)が殺されたのは時間的に、祭具殿に忍び込んですぐ。その場合はやはり、犯人が鷹野たちが行動する前から(行動の内容は不問?)動向を見張っているか、もしくは近しい人間でなければ犯行はありえない。
富竹、鷹野の死は祭具殿如何に関わらず決定していた?
そして魅音を注射器で襲った梨香の異変。
注射器の中身が、富竹の異常死を引き起こしたものと同じであると考えられる。では梨香は一体どこから注射器と薬を手に入れたのか?
鬼隠しでレナたちに、綿流しで梨香に注射器を渡したのは入江ではないかと思うのですが、動機とかは?とか言われたらさっぱりワカンネ。
・悟史を転校させたのは誰なのか。(叔母を本当に殺した?)
・鬼隠しで圭一は何故殺されることになったのか。
・レナの影が薄かったね目明し。
・本名ではない富竹。何故偽名?
・ダム反対派でも一番の過激派だったはずの園崎が、一連のオヤシロ様の祟りに関わっていないとしたら、暗部はどこにあるのか。もしくは一連の事件はダムに関連したものなのか。

というわけでバラバラ殺人から富竹、鷹野殺人までが別物。これが『オヤシロ様とは何なのか?』『何故殺された?』という基本の事件。
これが目明し編では解明されず。そしてわたしの買ったひぐらし解には目明し編しか入ってませんでしたとほほ。
…そんで次ので解決する予感がちっともしませんね…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。