スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ト~リビ~ア~
今日のトリビアを見ていて謎が解けました。
雑誌のグラビアは消しゴムで消せる、というトリビアだったのですが、そんなものはトリビアになるのか当たり前じゃないのか、と考えてみてそういえば、と思い至りました。

ここ数年になって、ジャンプなど立ち読みをされた後の週刊誌の表紙の溶け具合を、わたしはてっきり食生活の変化による最近の青少年どもの油分が原因だと何となく思っておりました。
いや、何人にも読まれた表紙の丁度真ん中辺りのハゲっぷりは、昔からの現象ではありましたが、幾らなんでも最近のはドロドロに溶けすぎ、溶けすぎて時々他のページに汚れをつけられると言う恐ろしさです。
そんなにギトギトテカテカになって読むこたないだろうに、今のガキャあ手を洗わんのかぐらいにまで思っていたのですが、ああ5年前ぐらいからインクが変わってたのですか…。

それならそれで、立ち読みする側も売り物だってことを忘れんどけよということを強く思った今日のトリビアでした。とりあえずMEGUMIのグラビアを消して喜んでいる場合ではない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。