スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003/07/13 バイト君よ
わたくしが現在勤めております書店には、夜のバイト君が1人おります。
現在大学4年生、バイトしてもう半年にもなろうかという頃。
一応この店限定で言えば、キャリアはわたくしよりも上ということに
なるわけです。
しかし、半年も経とうというのに、このバイト君とにかくものを
憶えません。レジが打てません。何が最大の問題って、何度も店長が
『それくらいは憶えなさい』と口を酸っぱくして言っても、未だに雑誌と週刊誌とムックの区別がつけられません。
確かに、ここの書店はレジが手打ちですので、POSレジ(大概の大きな書店で機械でピッピ打ってるアレ、機械がコードを読み込んで勝手に判断してくれるので楽)ですっかり甘やかされてきたわたくしも、最初はやはり戸惑ったものでした。
しかし、雑誌の区別などというものは実に簡単で、雑誌の裏についている
雑誌コードの頭数字を見れば用意に区別がつくわけです。
月刊誌が0か1頭、週刊誌が2頭、ムックが6頭。
憶えるのはたったこの3種です。それで店長が裏を見ろ、その3つだけを憶えろと言っているのに、というか半年も経ちゃ否が応でも憶えるものではないのか少年よ。何故それを憶えられないのか、何故じゃらん(月刊誌)を地図ガイドで打とうとするのか少年よ。そして金額すら正確に打てないのは何故なのか少年よ。
店長はもうここまでくると、馬鹿息子を生暖かく見守るといった態で、とにかく数としていてさえくれればいいというステージにまで達しているようです。もっとも、彼は免許を取るのに親御さんに『帰ってきて地元で取れ』と厳命されているらしく(親御さんも何となく彼のぼんやり
ぶりを心配している模様)、バイトもこの7月までになるわけなのですが、そんなに何にも憶えないままで辞めていって、色んな意味で大丈夫なのか。
そしてぼんやりとした彼が一ヶ月で免許を取れるのか、取らして大丈夫なものか、そして普通に就職できるのかと無駄な心配をするわたくしと店長なのでした。 
3種類が憶えられないのに、車の運転…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。