スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/08/22 (日) みーちゃん補足
みーちゃんは余りにも突っ込みどころが多すぎて、語るにポイントを絞りきれません。
ちなみにみーちゃんが不思議ちゃんというのには、大変独り言が多いということからもきています。まぁちょっとした独り言程度なら誰しもが思わず漏らしてしまうこともありましょうが、みーちゃんの場合はそれがとても楽しげでその量が尋常ではないというか、例えて言えば、彼女の横に誰にも見えない妖精が飛んでいて、それと会話を交わしているような感じです。(ただその妖精にナビゲート機能はついていない)
多分誰かに向けられていて、多分我々がしかと彼女を受け止めなければならぬのでしょうが、あのマシュマロのような甘ったるいお声ですっごく細かく放たれるそれにいちいち反応返してたら過労死します。
そんなみーちゃんは相変わらず雑誌の抜き漏れをやって下さいます。
ていうか、まだ雑誌出し終わってなくて、書籍の検品も終わってないから文芸の新刊も出てねぇっつうのに、朝っぱらからあの意味もない在庫を探してウロウロするのやめて下さい。まだ付録組みもいっぱいあるっつうの。
「すいませんけど、雑誌の付録組みの方やってください」というわたしの声は、地の底に響くほどの超重低音でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。