スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
耐え難きヲタ絵(生変換)
昨日は9時過ぎまで残業で返品ダンボール12箱分作ってました。さすがにアカギも見ずに気絶するように寝ていましたよ。

仕事をしていると、様々な音楽だのビデオのが聞こえてくるのですが、コミック売り場の方では原作つきのアニメのビデオが延々と流れております。正直、毎日のように聞いているのでうんざりする気力すら失われる一方です。まぁそれでも毎回胸中でいちいちツッコミを入れているわけですが。
何ぼかローテーションで回っているのでしょうが、何故かわたしが売り場にいるときに限ってかかるのが、涼風おくさまは女子高生とあと作品名がわかんない奴。
まず涼風のヒロインが多分ツンデレ系なのでしょうが、楽しい食卓の軽快な会話の中マジレスをして空気を冷やすという空気の読めなさを聞くだに(画面は見ませんが音は否が応でも飛び込んでくる)『果たしてこの後にデレはくるのだろうか』とか思うわけです。あと、マツモトメグミ(同じく音しか知らん)の声がものごっつい棒読みで何度聞いても声優の荒技に心がビックリします。
そしておくさまは女子高生のヒロインというより、その友人。実は高校教師と結婚しているヒロインが授業中に机の中(多分)のラブレターに気づいたところ、友人が『ラブレターじゃない』と大声をあげ、ヒロインの手からその手紙を奪い取ってあまつさえ音読すらするのです。放課後××で待ってますとか、そんな衆人環視の前で時間と場所までバラされたら皆見に行くと思うんですが、男の子晒し上げですか。
まず人の手紙を勝手に読む時点で、わたしだったらこんなのと友達なんてやってねぇよとか思うわけですが、その後も友人は全く反省することなくヒロインが待ち合わせ場所にいかないと言ったところで、『じゃああたし見てくるね』とか言い出す始末。ホントに反省しろよ。

そして作品名はわからないのですが、アサクラ先輩が寝ているところを起こしにきた萌え声の女の子。まずこの時点でツッコみたいところだらけでツッコミどころが却って見出せません。
画面見たことないので音だけで判断するに、中々起きないアサクラ先輩にダイブする女の子(この時点でry)。そうしたところ、布団の中に何やら立ち上がった物体があるわけです。何か自分でも文章打ってて哀しくなってきました。
『アサクラ先輩これなんですか?』と萌え声で尋ねる女の子。女の子が幾つかは知りませんが、少なくとも中学生以上ではあると思うのですが、それで『これなんですか』はないだろう。もしお前が高校生以上だったらグーで殴ってやる。
更にそれに対して慌てて『これはバナナだ』とか答えるアサクラ先輩。それは(つっこむのが)めんどくさいんでもうどうでもいいんですが、そこで突然奇声を上げる女の子に毎回愕然とするわけです。
奇声を上げた挙句が『きゃ~バナナ欲しいですぅ~!』ときたものですよ。
朝っぱらの奇声にもアサクラ先輩のアホな言い訳をそのまま受け取ることにもビックリするのですが、バナナがそれほどに奇声を上げてまで欲しいものなのかそんなに珍しいものなのか戦後じゃあるまいしお前の中でバナナの地位はどれだけ高いねん。
とか毎日毎回律儀に心の中でツッコんでいます。
ところでこれなんてエロゲ?


しかしまぁ何が一番哀しいといって、毎日聞いているおかげで台詞まで憶えてきた自分ですか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。