スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交通事故
交通事故りました。
店内で。

朝はまずワゴン(台車のでっかい版)に積まれた荷物を持って、店のある階まで上がるのですが、今日は折り悪くというか珍しくわたしが一番最初に到着し、他には誰もおりませんでした。
んで、一人で持って行くのは初めてだったにも関わらず、誰かが来るのを待つなどということに思い及びもしなかったわたしは、ダンボール(大)7箱、雑誌の梱包が30個積まれたワゴンを押して店へと向かったのでした。
しかし店があるデパートの中には何でこんな構造になってるんだか死ぬほど問い詰めたいような全然なだらかではないスロープがありまして、デパートのバックヤードから店に向かうにはそこを通るしかないのです。しかも一回スロープを降りたら踊り場があって更に曲がってもっかいスロープという構造。本当にこのデパートの設計をした奴は姉歯(ry

それでですよ、
新刊既刊がぎっしり詰まったダンボール×7個。
ニュータイプだのウィズモア並にアホほど重いアニメ3誌を含む雑誌の梱包30個。カラーページばっかりの雑誌は人を殺せるぐらいに重い。
それが載ったワゴンの総重量を想像してみて下さい。
まぁ普通の道でも中々動いてくれない重さです。
で、それがスロープを通る時、2人いないと絶対無理と後の祭りのように悟ったのですが、物理の問題で考えるまでもなく、坂で勢いのついた重たい物体をこの細腕ひとつで支えきれるはずがありませんでした。
それならそれで放置して逃げればよかったものを、デパートの壁に穴が開く、とか考えてしまった躊躇いが事故の元。
左腕を思いっ切りワゴンと壁の間に挟んでしまいました。
ワゴンのパイプの形に青黒く内出血していてちょっと愉快。いや笑えませんけどもははははは。

まぁどうしようかと思っているのですが、痛いっちゃあ痛いんですけど、見た目よりはそんなに痛くないというか、でも見た目がすんごい腫れ上がって手が変形しているので病院に行ったもんだかどうだか。
骨にはいってないと思うのですが(骨だけは無駄に丈夫です)、やっぱり病院に行くっぺかー。
というわけで注意一秒怪我一勝。
何だって利き手を挟んでしまったもんだか。力入れられなくて不便でしたが、でも頑張って働いた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。