スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おたまじゃくしリターンズ
その昔のわたしが小学生だった頃、わたしと弟はたくさんのおたまじゃくしを捕まえては、ちっちゃな水槽の中で飼っておりました。
しかし、生き物が何かを食べて生きているという感覚がどうもなかった子供の我々は、当然おたまじゃくしにもエサがいる、などということに思いが及ぶ筈もありませんでした。

…日に日に減って行くおたまじゃくしの数。
そしてその原因にようやく思い当たったとき。
子供心にどれほどの恐怖だったことでしょう。
いや、我々が全面的に悪いんですけど、ヤツラはまったく被害者ですともさ。ああまったく顔向けできません。
しかしヤツラはぱかっと口が開くんですよ、目がないのにパカッと口だけは大きく開くんですよ。それでものをバクバクと食らうんですよ。バクバクと。結構なトラウマですよ。
おたまじゃくし出されたらアタシはマジで泣きますとも。

↑とか昔日記で書いていたのですが、今日世界まるみえの中でまさにそのおたまじゃくしが大きく口を開けて、ちっさなおたまじゃくしを食らっているシーンが映り、ちょっと半泣きしました。マジでさぶいぼ立った。ああ怖いおたまじゃくし怖い。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。