スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たずねびとあります。
ネウロが何っぽい~という話の延長上で、まなめっちがメタルKはともかくアウターゾーンまで知らなくて、ストプラの美羽さんの気分を味わっているゆんぺいです。
アウターゾーンはそんなに好みではなかったので本誌で読んでいる程度だったのですが、それなりの知名度はあるかなと思っていたので、軽くカルチャーショックを受けています。でもあれってそんなに前の話だったかなと考えてみたら、そんなに前の話でした。
昔のジャンプの10週打ち切り作品はどちらかというと、色々とはみ出すぎて終わったものが多かったなぁという記憶です。パンツが飛び交ってた女子高の教師の話とかごんずいとか靴下グラスに突っ込んでたアカギ何とかとかいう教師の話とか。
今は規制だの何だのではみ出すこともできず大変だなぁとも思うのですが、小奇麗な絵でうっすい話を描かれると印象に残んないんで、はみ出るぐらいの勢いでお願いしたいものです。マジでジャンプに読むものがない。


ところですっごい話は飛ぶのですが、昔わたしの友人が彼氏の家に電話したところ、出たのは少々耳の遠いおばあさまということがありました。
「わたくし、石田(仮名)と申す者なんですが……」
「はぁ、石田(仮)様ですか?」
友人が名乗ると、おばあさまはそのようにお答えになられました。
「いえ、そんな『様』なんてものじゃないです~」
と友人が手をぶんぶんと振る勢いで否定いたしましたところが、


「じゃあ石田」


と最上から一気にタメ口でおばあさまに呼び捨てにされた石田(仮名)よ。
携帯に電話したところがつながらないのだが、お前様は今どこで何をしておるとですか。メールも届かなかった時には非常にばびったものです。お前様がネットできる環境でこれを見ていたら連絡を寄越すように。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。