スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地縛霊2001/07/27
ただ今当店でバイトを募集しているのですが、昨日その件で担当の者が電話を受けたところ、最初は『今日の4時で大丈夫ですか?』と普通に応対しておりましたものが、『え…っと、明日の朝11時…ですか…?』と戸惑ったような声に変わってゆきます。
朝っぱらの11時というのは書店で一番忙しい時間帯です。その日も裏は検品でごった返しておりました。それが何でだか11時などという時間をご指定下さりまして、しかも、別にそこしか空いていないという風情でもないようで、その時点で我々の印象はかなりよろしからぬものでありました。

そして今日の11時頃。わたしが裏で何やらと作業をしていて、さて再び売り場に出るか、と裏を出ようとしたところが。
ウチのレジの横にはシャチハタの回転塔が置いてあるのですが、そのレジと回転塔の間にすっぽりと納まるように、うつむき加減でしかも上目遣いで佇む女性の姿が…。

何と言いましょうか、あれは誰かを激しく恨んでいます。
この場所に相当執着を持っています。

全く予期もしなかった出来事に、わたしは危うく声を出して叫びかける
ところでした。
しかし、そこで思い当たったのが昨日の電話。まさか、この地縛霊のようなお方が、面接?と慌てて裏に戻ってみますと、すでに彼女のことで裏はちょっとした騒ぎになっておりました。
(…あれは幾らなんでもヤバイよねー)
(レジ立ってる姿想像できない…)
と飛び交う小声。そして面接に何となく聞き耳を立てるわたくしども。
しかし、お嬢さん、面接で『~は大丈夫ですか?』と訊かれて『オッケーです』って受け答えは一体どうなのか。
面接ってどういうことかわかってますか。
更に担当の『人と話す業務ですけど大丈夫ですか?』という質問もどうかと思いますが、それに対する『はい、人と話すの大好きですから』というお答もまたどうなのか。何でこんな浮世離れた質疑応答になっているものなのでしょうか。
で、ふと思い出したのですが、彼女。以前、面接によれっよれのTシャツでいらっしゃってそして落ちたお嬢さんではないですか…。
そんなにもここで働きたいとですか。
ああ地縛霊。しかし接客業だと言うに。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。