スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハム太郎でちゅう男・誤字脱字2001/12/04
今日朝っぱら我々が検品をしておりますと、とんでもないものが見つかりまして、ちょっとした騒ぎになりました。
書店には出版社や取次ぎからしょっちゅうFAXがやってくるのですが、その中には重版があがったり何だりで『いりませんか』と、取次ぎが送ってくるものがあります。そしてそれに注文数を書きこみ、番線を押して『いつもお世話になっております、よろしくお願いします』などと一言そえて返信するわけです。以上、今更申し上げるのも今更な、世間様の一般常識でした。
そしてそれが入荷してくると、ダンボールの中に本とともにそのFAXが添えられていたりするのですが、そのハム太郎でちゅう男が書いたFAXの文面を見て、我々は我が目を疑いました。

そこには向こうの担当さんが書いた書名が3つ並んでいて、その中のひとつ、『×××~お手軽~○○』の書名の、軽の字のところがぽっかりと抜けておりました。多分書き間違えるか何かで、修正液で修正したところが忘れてしまってそのままFAX、でFAであろうと容易に推測されるものでありました。誰でも一度はやらかす類のことだと思われます。
ところが、その下の方にあるヤツが書いた返信というのが。

『軽って字、書けないんですか?』



……。

お前、小学校から出なおして来い

普段からヤツは、我々の誤字脱字にいちいちネチネチと言う男だったのですが、よりにもよって、取引先にまで何書いて出しとるか。いい年こいた一社会人の男が、取引先に出すFAXかこれが。友達にこう書かれたってむかつくと言うのに、そんな文面を取引先に出すのかお前は。
確かに取次ぎと書店というのが、世間一般の商社と取引先の関係とは少々違うものかも知れませんが、しかし一般常識としてこれはどの角度から見たってアウトです。
しかも、『いつもお世話になっております~』のご挨拶すらないというのは、一体全体どういうつもりだ。人のちょっとした誤字脱字に突っ込んでいる場合ではないぞ。我が身を360度程振り返れ。

さすがにこれは余りにも余りな事態でしたので、『取引先にこのような
書き方はどうかと思われます~』との文面を添えて、掲示板に晒し上げの刑にさせていただきました。
こんな人間初めて見ました。ぐったりです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。