スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嫌いなお客2000・11・1
 我々とて木石ではありませんので、当然ながら嫌いなお客というものが存在します。しかしこっそりと嫌いなタイプならいっぱいいるのですが、一個人を指して「アタシ、××ヤだー」と言われる程の客は滅多におりません。

 その中でも最近、我々を激怒りさせているのがTというオヤジ。
 このオヤジがとにかくクレーマー。しかもツマンないことで最悪にクレーマー。
 先日、注文していた本を取りにオヤジはやってきたのですが、
その雑誌はまだ入荷の連絡をしていなかったのです。
 そこでオヤジはさっそく、「何で電話くれなかったの?」と声を張り上げ始めました。
 留守だったから後でかけるつもりだった。つってんのに、もうオヤジ全然聞かない聞かない。
「それなら何で留守電にいれないんだ」って、アナタ留守電に入れてたら今度は「留守電なんて聞いてない、何で本人に伝えないんだ」って言い出すのに決まってるからです。
「後でかけるって、あなたが責任持ってくれるのか」とか「そんな曖昧な仕事でいいの?」とか、もう五月蝿いこと五月蝿いこと。
 大体このオヤジ、土曜にも来たらしいのですが、その時に他支店からウチへ本の移動を頼んだらしいのです。ウチは支店間の本の移動は、週3の1日1回なので、タイミングによっては2・3日かかることだってあります。
 はっきり断言して後でこなかった場合のトラブルを避けるため、我々は2・3日ぐらいとか一ヶ月ぐらいとか、曖昧なことしか言えないのです。
 で、ウチの娘さんが「2・3日ぐらいで届きますので」と申しましたところ、「ぐらいってどういうことだ。そんないい加減なことでいいのか」とまた騒ぎ出しまして、娘っ子は怒りの余りに泣いておりましたよ。

 大体アナタ、以前もう2度とこない!って言ったじゃありませんか。いいですよ、禁句「別に来てくれなんて頼んでません」発動したいぐらいですとも。結構ですよ。っていうか御願いですからこんといて下さい。
 しかも、このオヤジ。ウチだけでなく、あちこちでも同様の騒ぎを起こしているようで、店長の目撃したところによると、蕎麦屋に入って注文して20秒(推定)で「遅い! もっと早いのに変えろ!」と騒ぎ出したそうで。

 更にオヤジは帰り際に「××堂、こんなのでいいの。××(社長)さんはそれ知ってるの」と社長を知ってるぞ的な威嚇の発言を吐き捨てて参りました。
 でもウチラは完全無視の放置プレイ。
 この手のことを抜かすヤツは、大抵社長と知合いでも何でもありません。  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。