スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅日記を書こうと思ったらこれですよ
サービス業の哀しさで、昨日京都から帰ってきたばかりだというのに、早々に恐ろしい勢いで仕事をしておりました。ただいまさまです。京都のまったりさが夢幻の如くです。

というわけで朝から夕方まで止まったら死ぬ回遊魚の如くに忙しく動き回っていたのですが、そんな忙しい中にノベルスを片手にすすすと近寄ってきた男性のお客さんがいらっしゃいました。
何事かと思えば、彼氏は後ろのあとがきページ辺りの

『貞操帯』

という文字をを指し示し、
『これ何て読むんですか』と訊いてきたのです。
まぁ貞操帯はどうだろう読みぐらいだったらギリギリのラインかなというのもあったのですが、正直わたしは旅疲れで物事を深く考えない子になっている上に、激務の中でつい反射的に読み方を答えてしまったのでした。
しかし彼氏は更に踏み込んでまいります。
そうなると読み方も知らなかったはずがないと思われるのですが、
『じゃあ貞操帯って何に使うんですか?』
とか訊いてきたわけですよ。
そこでわたしもやっと『ああ、おピンクさんか』と気づきまして、氷点下よりも氷点下な声で『あいにく存じ上げません』と返させていただきました。
ところが彼氏は凹まないというか、大抵のおピンクさんはその時点ですごすごと引っ込むものなのですが、わたしが素気無いとわかると次々に女性店員に同じように貞操帯のことを訊いては素気無い返事を投げつけられていたのでした。
しかもその本、よくよく見たらBLノベルス。BL読んで女性におピンクというのもまた珍しいタイプというか、根性があるんだか天然なんだか何かよくわからないのおピンクさんです。
しかし女性店員を次々と渡り歩いたその先には、世にも恐ろしい店長が待ち構えておりまして、子供だったら夜鳴きするぐらいの勢いでがっつり叱られて彼氏は去っていったのでした。
久々におピンクさんを見て、とても新鮮な気持ちになりました。
京都の余韻も貞操帯で一瞬で消えうせましたよ。

というわけで旅日記を書こうと思った途端に、こういうおピンクさんが現れるのは一体どういうことかと思うわけです。
そんなわけで旅日記を書く予定がおピンク日記に摩り替わった今日の午後。
…ところでBLで貞操帯ってのもどんな話だ。
金色が読めませんよ
まぁ同人作家の作品集みたいなコミックが出てること自体、個人的にどうかと思わなくもないのですが(だって表紙にはサンジとか跡部とか出てるのに何か個人名が書いてある)、そんな個人感情はさておきましてさておくなら言わなきゃいいだろう実はそれが言いたかっただけだろうというそんな前置き。
で、先日わたしは出版社に電話注文をしたわけなのですが、『金色スイス』というお名前を『きんいろスイス』と読んで、電話口のお姉さんに素晴らしく爽やかなお声で『かねしきスイスですね?』と訂正されて、ちょっとした恥をかきました。


こんじきと読まなくてよかった


ところでBL系コミックの表紙の見分けがつかなくて日々四苦八苦しているわたしですが、しかし一応オリジナルなんだろうに多分今やっているか昔やっていたであろうジャンルがモロわかりという(キャラの造詣が似すぎだ)ものが時々見受けられるのですが、あれもどうかと思われるわけです。


そういえばW杯ドイツ大会の組み合わせが決まりましたね。
まぁまたキッツイところに入ったものです。ブラジルて。クロアチアて。
前回あれだけやらかしたのに×××とか××××とかぬっるいグループに入ってあらやっぱり副会(ryとか思うところもあったりしましたが'`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
まぁマスコミが勝利の方程式だの予選突破の鍵だのをやりまくることでしょう。見ないけどな。
[金色が読めませんよ]の続きを読む
ちょっと愚痴りますよ…
  /⌒ヽ
  / ´_ゝ`) グチリマス
  |    /
  と__)__)

予約台帳及び予約取りというものをわたしともう一人の人で回しているのですが、朝来る時間の関係もあって、客注分の書籍をお取り置きするのは大抵もう一人の方になるわけです。
が、ここ最近何だか昔から何だか知りませんがやたらと取り漏れが多い。
ジャンプコミックとかだったらいっぱいあるからいいけど、数の少ないものとかなんて取り忘れた日にはえらいことになるわけです。後で気づくもんだから、すでに商品が売り切れていたりして、他の店に買いに行くということが多発しているわけです。
当然ながら多分取り忘れた人の実費かと思われます。
その度にその人が身が縮むほどに店長に説教されているのは、確かに傍目で見ているこちらも身が縮まりそうなのですが、しかしそれが何度も何度も頻発されその度に作業のチェック項目が増え、(伝票等の処理忘れもとても多いので。ちなみに今日も仕事が終わってから伝票発見、登録して帰りが更に遅くなりました)残業云々の問題でなしに、デフォで帰る時間が遅くなる一方です。
そして一昨日も予約品を取り忘れていることが判明し(というかウチが台帳見て気がついた)、しかもそれがとうに売り切れておりまして、さてどうしましょうかと相談いたしましたところが、こっそりと余所から商品を買ってきてこっそりと客注棚に置く、ということに。
確かにミスが余りに立て続いていたので店長に報告するのを躊躇うのはわかるのですが、それにしてもなぁ。万が一後でバレた時の方がひどいことになるのではとも言ってみたのですが、とりあえずそれ以上強くは押せませんでした。仕事と人間関係の板ばさみってやつですか。
しかもそれで何でかウチも金半分出させられてるわけですが。

その人は常に言うわけです。『これはウチらの責任だからね』と。
確かにチームでやっているわけですから、連帯責任っちゃあ連帯責任なのですが、しかし正直、伝票関係とか客注の取り漏れとかのミスをやらかしているのが100%
その人の仕業なもので、言われるたびに
『いや、ウチは全然やってねぇよ』と思うわけです。
相方のミスを処理するのは全然構わないのですが、ミスを押し付けられるのはちょっと御勘弁だなぁと、ちくちくとストレスの溜まる日々を送っています。

以上愚痴。
ふえるワカメ
突然白菜が食べたくなったので、白菜と豚肉ちょっぴり茹でて簡易ほとんど白菜鍋をポン酢で頂きました。ぬくぬくで美味かった。

最近ポップをよく作るようになってきたのですが、わたしはよくある色画用紙を使うのがとても嫌いです。
何というか色がぼんやりしているので、手をかけないとポップがころころと死ぬ。強いくっきりした色とか使わないとそれはもうポップが見事に雛見沢(そういえばひぐらし新作12月末に出ますね楽しみだ)。
そもそも黒ですら全くの黒ではなく、通販でやっている草木3度染めとか謳ってる黒紋付を見習ってほしいぐらいです。赤も青も緑もピンクも全部微妙にくすんでいるというか、非常に使いづらい。
そんなに手をかけないでとりあえず情報を伝えるだけ、という場合にはそれで充分なのかも知れませんが、少なくともコミックとかを売るのに作るポップでは、もうちょっとパンチの効いた色が欲しいというか。
ということでわたしは蛍光カラー用紙ばっかり使っては、人様に『蛍光バカ一代』とか言われるハメになっておるわけです。
ついでに雲形ポップも余り好きではないので、蛍光カラー用紙を円の形に切り取って使ってます。今のお気に入りは緑の色画用紙に蛍光グリーンの○の、on同系色。まぁサイトの配色と一緒で、基礎は2、3色でひとつポイントになる色を差したいよねという感じです。
でもまぁこの店はラミカがあるので、とてもポップが作りやすい。何だかんだとポップを作るのはやはり楽しい作業です。

ポップは客の目を痛いぐらいに射たもの勝ちだ。

今日買った本。
新リア王(上)高村薫
そういえば出てることに今更気づいてとりあえず上巻だけ買う。…下巻いつ読むことになるかわかんないから…。
しかしハードカバーは持ち歩いて読むのに辛い。

少年魔法士13巻(なるしまゆり)
作家がストーリテラーと呼ばれるかキャラ萌えと呼ばれるかの境目って、どれだけキャラに容赦なくなれるか、だと思う。
ストーリーのためならキャラにも容赦しないか、キャラのためなら話も崩すか。ちなみに最近製作者のキャラ贔屓で話がぼろぼろと崩れる作品が多くていやけがさし気味ですよ。ええまぁブリーチとか最近のガンダムの話ですね(伏せませんオブラートにも包みません)。
かといってそれが『ゴメンね可愛い○○ちゃんにこんなひどいことしちゃってひどい作者ね、○○は作者にまで苛められて不憫なキャラだよねかっこわらい』みたいなのだと、ハイハイワロスワロスだ。
また『こんな残酷なことをさらりと描いてしまえるアタシ』系も大変薄っぺらいので、素直にキャラ萌えだと言いやがれと思うわけです。
ちなみに二つとも確実に何かを指して発言しております。いい大人の大人気ない発言です。
んで、なるしまゆりは相変わらずキャラに容赦ねぇなぁと思ったわけです。でも最近絵がちょっと崩れ気味です…orz
ねんがんのばすまっとをてにいれたぞ
ゆんぺいの血糖値が50上がった!

という感じで
051203-2118.jpg

ポンデライオンのバスマットをゲットです。
ここ数日でポンデダブルショコラばっかり18個ほど食べているので、血糖値が真剣に心配です。アカギ並みに破滅型で刹那的な生き方です。ドーナツで生き方を比較されるアカギもたまったものではないでしょう。
これからしばらくは温野菜ばかり摂って多少なりとも上がったであろう血糖値を下げたいと思います。

今日の仕事は、夕方頃にお客さんの電話お問い合わせがありました。花より男子の既刊の補充分がいつ入ってくるのかというものだったのですが、何でも前に電話をかけて訊いたところが日にちを忘れてしまったとのこと。
それを答えたのはわたしではないので、担当に何日頃入荷かということを訊きに参りました。ところが担当は何故だか微妙なお顔で、
『その人の電話、昼頃きたんだよねー。もう3回目だわ』
…自分も忘れっぽい方なので人様のことをどうのこうのとは言いがたいものがあるのですが、それにしたって物忘れが激しいにも程がありすぎやしませんか。
また来るかもねーと力なく笑った今日の午後。もうしばらくドーナツは見たくありません。

今日買った本。
デスノと鰤。どちらも惰性で買いつつある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。